最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  
容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。

待ちぼうけ

  1. 2011/01/03(月) 20:17:25|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:0
今年は卯年ウサギといえば、待ちぼうけ、待ちぼうけ・・・・・・そこへ兎が飛んで出てころり転げた木の根っこ、この歌詞のような事が沢山有る1年でありますように・・・・・赤帽アクセスS98運送

余りにも悲しい結末

  1. 2010/04/13(火) 20:31:06|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
遺品整理に行った。こういう場合大抵年配の独り暮らしの方の病死による後片付けである。しかし今回は違った、身寄りの無い若者の風呂場での自殺であった。彼は高校までは九州の児童施設に引き取られていた。そこにいながら勉強し四国の某国立大学を卒業し同大学院も卒業していた。何が彼に30歳の若さで自殺という究極の選択をさせたのか私には知る由も無い部屋は整理されており大家さんがしたのかも知れないが冷蔵庫の中身は調味料3本だけで何も無かった。立つ鳥後を濁さずである。ついつい高校の卒業写真に写っている彼のあどけなさの残る顔見てしまっただけに余計にやり切れなさが残る。この余りにも悲しい結末に年のせいか涙を抑える事が出来なかった。今はただただご冥福を祈るのみである。

NHK大河ドラマには失望した。

  1. 2009/11/16(月) 17:15:45|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:4|
  4. コメント:0
NHK大河ドラマ天地人には全く失望した。前々から失望していたのだが、11月15日放映大阪城落城千姫救出シーンである。大河(歴史)ドラマは歴史検証番組ではないので、多かれ少なかれフィクションで構成されているのは理解出来るのだが、ただ千姫を救出した人物は既に歴史上特定されており
主人公の直江兼続や真田幸村が救出した話など聞いた事も無い諸説いりまじるグレー部分ならともかく明らかに特定されている史事実をかってに書き変えるのが果たして単なる時代劇ならともかく歴史ドラマの名に値するのだろうか・・・・
それに如何に400年近く昔の話であれ実際に救出した人物に対する冒涜と思えるのだが、あほくさくなってこのシーン以降はテレビ消して見るのを止めました。

韓国大河ドラマは凄い

  1. 2009/09/06(日) 18:23:03|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
ビデオレンタルで韓国大河ドラマ不滅の李舜臣を借りて見ているこの朝鮮民族最大の英雄と言われる人物に以前から興味が有ったので見ているわけだが、倭(日本)軍の描写に多少の不満は有るものも、これに比べたら日本の大河ドラマは、ままごと遊びである。姿格好は時代劇であるのだが、内容ときたらお寒いかぎり、現代劇のホ−ムドラマでも見せられているような気分である。もっとリアルな骨太の大河ドラマを見たいと思っているのは私だけだろうか・・・・・
ただ韓国大河ドラマは長すぎるので(日本のおおよそ2倍)
よほど関心のある人物でないと手がだせない
そういえば今日は日曜日天地人(直江兼続)21世紀バ−ジョンでも見ようか・・・・・・・・・・ 

変化も技の内

  1. 2009/05/26(火) 18:19:36|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
大相撲5月場所は、大関日馬富士が優勝したが稀勢の里戦で見せた立ち合いの変化からの取ったりで勝った事が物議を
かもしだしているそうだが、私は変化は悪いとは思わない
悪いのは変化も考えずにバカみたいに頭を下げてつ込んで
いく方が悪いのである。大体相撲において小よく大を制すには大きい力士より重心を下に持っていくか立ち合いも含めて横の動きでほんろうするかのどちらかである、もし横の動きがたとえ立会いだけでも、けしからんとなれば、ますます大型力士に有利なる事は力学的観点からも明白である。
小錦や曙のような大型力士の大味な相撲だけでは相撲の人気が一段と低下することは間違いないところである
もしどうしても立ち合いの横への変化がけしからんと言うのであれば、土俵をもう少し広くする事である。そうすればバカみたいに頭だけ下げてつ込んで一気に押し込んでの勝敗を決する事が難しくなるから頭だけ下げてつ込むバカも少なくなるだろう、頭だけ下げてつ込むバカが少なくなれば横に変化しても意味が無いのでおのずと横への変化は少なくなるという三段論法が成り立つと思うのだが・・・・・・・・・・

DTIブログって?

前のページ 次のページ